マルウェア含む拡張機能計28本、ChromeウェブストアとEdgeアドオンストアで

2020年12月20日 17:09

印刷

記事提供元:スラド

Avastによれば、ChromeウェブストアやMicrosoft Edgeアドオンストアで公開されていた拡張機能28本でマルウェアが確認されたそうだ(AvastのプレスリリースArs Technicaの記事SlashGearの記事)。

28本中15本がChromeウェブストア、13本がMicrosoft Edgeアドオンストアで公開されていた拡張機能で、ダウンロード件数は合計で300万件ほどだという。拡張機能はInstagram/Facebook用が半数以上を占め、種類としてはダウンロードツールが多い。マルウェアの機能としては広告やフィッシングサイトにリダイレクトしたり、個人情報を盗んだりといったもので、別のマルウェアをダウンロードする機能も確認されたそうだ。

マルウェアは調査しようとすると活動を控える仕組みを備えており、検出は困難なようだ。拡張機能は初めからマルウェアとして公開された可能性もあるが、人気が出るのを待ってアップデートでマルウェア化したり、元の作者から買い取ってマルウェアを仕込んだり、といったパターンも考えられるとのこと。

AvastではGoogleとMicrosoftに通知しており、19日朝の段階でChromeウェブストアからはリストアップされているすべての拡張機能が削除されている。Edgeアドオンストアでも19日午後にはすべて削除された。具体的な拡張機能の名称などはAvastのプレスリリースを参照してほしい。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | Chrome | Google | セキュリティ | マイクロソフト | インターネット

 関連ストーリー:
Google、Chrome拡張機能プラットフォームのManifest V3ロールアウト計画を公式に発表 2020年12月11日
Chrome拡張機能のNano Defenderがマルウェア化 2020年10月18日
Mozilla、より安全なFirefox拡張機能を示す「アドオンバッジ」2種類を追加 2020年10月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookGoogleマルウェアInstagramMicrosoftChromeMicrosoft EdgeAvastフィッシング

関連記事