レジ袋の有料化で対象外のはずの紙袋も有料化へ

2020年11月19日 17:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

南日本新聞によれば、7月から始まったレジ袋の有料化に便乗して、紙袋も有料化する例が増えてきているという(南日本新聞)。

レジ袋の有料化は資源の保護・廃棄物制約や海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化への対処が目的であることから、その対象となっているのはプラスチック製のレジ袋のみとなっている(日本容器包装リサイクル協会[PDF])。しかも、レジ袋は1枚2~5円程度であるのに対し、紙袋は場合によっては30円以上取られる例も増えているようだ。紙袋を有料化した店舗の一つによれば、環境負荷にならないインクを使って紙袋を新調した結果、コストが大幅にアップしてしまったようだ。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | ビジネス

 関連ストーリー:
イングランド、使い捨てのプラスチック製ストローなどを禁止 2020年10月04日
レジ袋有料化後、スーパーのカゴを盗む客が約6倍に急増 2020年09月18日
レジ袋、ネット通販サイトで売り上げが3倍に増加 2020年08月14日
スパイダーマンのようにレジ袋を手首から射出できる装置 2020年07月18日
人工芝由来のマイクロプラスチックが多くの河川・湖で観測される 2020年04月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード地球温暖化海洋プラスチック

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース