1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 自然環境・動植物
  5.  > 地球温暖化(1)

地球温暖化のニュース一覧

多収品種「タカナリ」が持つ籾数を増やす遺伝子を持つ「NIL-APOI」は、それを持たない「コシヒカリ」に比べ、籾数が多くなる。(画像:農研機構発表資料より)

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、水稲の多収品種が持つ籾数の増える遺伝子をコシヒカリに交配で導入すると、高二酸化炭素条件下で収量が大幅に増加する事実を明らかにした。 08/14 08:34

(c) 123rf

スズキ、マツダ、ヤマハ発動機の3社が、排ガス・燃費検査で、運転パターンを外れた計測データを正常なものとして扱っていたことを、国土交通省は8月9日発表した。 08/09 19:14

オーストラリアのモナシュ大学が率いる国際研究チームは、科学誌『プロス・メディシン』に、2031年から2080年における熱波とそれに伴う死者増加についての研究結果を発表した。 08/07 21:25

太平洋戦争が終結してみると、アメリカは絶大な大国になっていた。 08/04 17:13

地球温暖化の影響で日本海深海の酸素が減少、生態系に影響が及ぶ可能性があるという。 08/03 00:48

(画像: タイムズ24の発表資料)

帰省やレジャーなど、ロングドライブの機会も多い8月。 08/02 17:52

この猛暑は、地球温暖化の進行に加え、太平洋高気圧とチベット高気圧の2つの巨大な高気圧が重なって日本列島を覆いつくす「ダブル高気圧」が影響しているといわれている

連日、記録的な猛暑に見舞われている日本列島。 07/29 23:57

上のクリオネは10mm程度の「冬クリオネ」、下のクリオネは45mm程度の「春クリオネ」。(画像:国立極地研究所発表資料より)

オホーツク海南部沿岸には、1月から3月にかけて出現する小さなクリオネ「冬クリオネ」と、4月から7月にかけて出現する大きなクリオネ「春クリオネ」がいる。 07/15 19:52

富士経済がHV・PHV・EVの世界市場調査結果を発表。2017年のHV・PHV・EV市場は324万台で前年比124.6%増の高い伸び。35年の予測では、PHVを欧州、中国がけん引し拡大。EVでは中国の注力により拡大と予測。

アジア地域の新興国をはじめとして世界経済は現在、めまぐるしい成長を遂げている。 06/24 20:48

エゾシカ。(画像:北海道大学発表資料より)

いわゆる明治の開拓が始まる前、北海道には多くのエゾシカがいた。 06/24 09:55

地球深部探査船「ちきゅう」船上で確認されたメタンハイドレート。(画像:海洋研究開発機構発表資料より)

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、地球深部探査船「ちきゅう」を用いた探索によって、紀伊半島南東の熊野灘(熊野海盆)の海底において、メタンハイドレートが発見されたと発表した。 06/21 17:59

国連食料農業機関の調査によると、日本の国土面積に占める森林面積は68.5%。国土の7割は森林ということになる。

日本は世界有数の森林大国だ。 06/18 00:09

水素製造の仕組みと固体高分子型電解槽(図:日立造船の発表資料より)

日立造船は13日、メガワット級の発電施設において余剰電力の貯蔵を可能にする、国内最大となる毎時200ノルマルリューベの水素を製造できる大型固体高分子型水素発生装置を開発したと発表した。 06/14 17:07

カーボンナイトライドと鉄錯体を組み合わせた光触媒によるCO2還元反応(図:東京工業大学の発表資料より)

東京工業大学の石谷治教授らは、太陽光をエネルギー源として、地球温暖化の主因である二酸化炭素(CO2)を有用な炭素資源へと変換できることを発表した。 06/13 10:14

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告