経済 RSS

 

私がクレジットカードを持っていない理由

2020年10月29日 18:04

小

中

大

印刷

 「誰しも1枚は持っている」と称されるクレジットカード。が、私の財布にはゼロ枚。あるのは銀行と紐付きの、埼玉りそな銀行発行のデビットカードのみ。45年余の同居人曰く。「あなたにクレジットカードを持たせたら、無駄買い・無駄遣いでうちが破産するのは必至」。そしてデビットカードならOKの理由を、立て板に水でこう指折り数える。

【こちらも】「女装EC」サイトの会員になり、女性心を知るのも一法かと!?

★使える金額は口座残高のみ。利用可能額を設定することも可能(例えば5万円まで、とか)。私が週1ペースでチェックすれば「なにに使ったの」、と問沙汰せる。

★使うとポイントがつくし、キャッシュバックもある。現金で支払うより得。

★なにより好都合なのは、利用するとそのつどメールがくる。

★もう出かけることはないだろうけど、海外に出かけた際に海外のATMで現地の通貨が引き出せる。

 まあ、そう畳み込まれても仕方がない。ふた昔以上前になる。私もクレジットカードを持っていた。「今日は溜まっている分を払うから領収書持ってきてよ」と宣い、領収書を持ってきた店のママさん否おばさんにクレジットカードを差し出す。「クレジットカードですか、(2割持っていかれるからたまらんわ)」と言わんばかりの顔をされながらも、クレジットカードで飲み歩き後始末に難儀したことがある。それだけにいまは、山の神に唯々諾々という状態。

 昨日も「クレジットカード作っていいだろう、清く正しく美しい生活をしているんだから」と切り出したが、「ノー」のご託宣。

 悔しいから、クレジットカードはどうやって世の中に登場してきたのかを調べてみた。

 最初に生まれたのは「ダイナース(クラブ)カード」。終戦直後の1950年の頃とされている。ある青年実業家が弁護士を誘い食事に出かけた。が、彼は財布を忘れてきてしまった。弁護士に立て替え払いをしてもらい済ませたが、これを機に2人は「現金がなくても食事ができる仕組み」を考え始めた。結果が1万$ずつ出し合った設立した「Diner(食事をする人・食堂)Clubカード」の発行会社。

 60年代に入るとアメックス・マスターカード・VISAなどが登場、日本でもJCBが誕生した。日本での普及は64年の東京オリンピックが契機とされている。外国人観光客が大挙来日。彼らにはクレジットカード文化が根付いている。日本でも普及を・・・となった次第。

 さて周知の通り、クレジットカードに留まらず、いまでは「Apple Pay」「Gougle Pay」など、カードがなくても信用払いができる仕組みが次々と登場してきている。

 だが私は記した様な理由から「僕は現金主義者だから」と嘯いているが、要は過去が私に「現金主義」を余儀なくしているだけである。(記事:千葉明・記事一覧を見る

関連キーワードクレジットカードデビットカード東京オリンピック

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース