Windows 10 20H2は「October 2020 Update」

2020年9月20日 08:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftは18日、Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)のリリースに向けた準備を進めていると発表した(Windows Experience Blogの記事Windows Centralの記事Softpediaの記事On MSFTの記事)。

これまで2020年下半期のWindows 10 機能更新は20H2とのみ呼ばれており、「Windows 10 October 2020 Update」という名称が公式に使われるのは今回が初めてだ。なお、これまでWindows 10のバージョンは4桁の数字(yyMM)だったが、Windows 10 Insider Previewの20H2ビルドではバージョンも「20H2」という表記になっている。

Microsoftは同日、Release PreviewチャネルでWindows 10 Insider Preview ビルド19042.508(20H2)をリリースしている。このビルドはベータチャネルで8日から提供されているもので、MicrosoftではOctober 2020 Updateのファイナルビルドになると考えているが、通常の月例更新での改善も進めていくと述べている。

なお、Release Previewチャネルでは自動更新によるビルド19042.508の提供は行われず、設定→更新とセキュリティ→Windows Updateで20H2のダウンロードとインストールを選択した場合にのみインストールされる。一方、ベータチャネルではこれまで20H2のインストールを選択していなかったユーザーにも自動更新での提供を順次開始するとのこと。いずれの場合もいったん20H2にアップグレード後は自動更新で新ビルド(更新プログラム)が提供されるようになる。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | アップグレード | OS | Windows | デベロッパー

 関連ストーリー:
Windows 10 バージョン20H2、商用デバイスでのリリース前テストが可能に 2020年08月25日
Windows 10 Insider Preview 20H2ビルド、スタートメニューのタイル色変更など多数の新機能 2020年07月27日
Windows 10 Insider Preview、初の20H2ビルドが登場 2020年06月20日
Windows 10 May 2020 Update、一般提供開始 2020年05月28日
Windows 10 バージョン2004 「May 2020 Update」完成 2020年04月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティMicrosoftWindowsWindows 10Windows Update

関連記事

広告