インド、TikTokなど中国製アプリの使用を禁止へ 国家安全保障上の理由から

2020年7月2日 08:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 インド情報技術省は6月29日、59本の中国製アプリをブロックすると発表した。中止になったものには、TikTok、Weibo、WeChatといった日本でもよく知られるものも多い。インド政府はこうしたアプリによって、不正にユーザーデータが国外に送信され、インド国民の情報収集に利用されていると批判した。インド政府が禁止命令をどの技術レベルまで実施するかは不明。

インドと中国は今月、国境付近の係争地で衝突しており、インド側に20人の死者が出ている。インド国民の間でも反中感情が高まっていることもこうした措置が取られた背景にあると思われる(ロイターITmediaCNET)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | 通信 | iPhone | 中国

 関連ストーリー:
バッタの大群、インド首都にまで到達 2020年06月30日
インドで「中国製アプリを検出するアプリ」が人気に、一方でGoogleはPlay Storeからこのアプリを削除 2020年06月06日
インド、熱波で気温が50℃に。首都は5月最高気温を18年ぶり更新 2020年06月02日
インド軍と中国軍、国境で殴り合う 2020年05月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国安全保障インドTikTok

関連記事

広告