ワイズ ピンク 2020年秋冬コレクション - テーラードベースの上品なワークスタイル

2020年6月30日 08:20

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ワイズ ピンク(Y's Pink)は、2020-21年秋冬コレクションを発表した。

■テーラードを基盤にした上品なワーク+ミリタリーウェア

 今季は、テーラードを基盤に、ワークウェアやミリタリーの無骨さを織り交ぜながら洗練されたスタイルを提示。ユニフォームのように秩序立った雰囲気を感じさせつつ、どこかユニークな雰囲気をまとっている。

■優雅さのエッセンスをプラス

 注目したいポイントは、作業着のコードをなぞりつつ、気品や優雅さを思わせるエッセンスを随所に投入している点。ウエストに切り替えを施したカーキのウールコートは、短めの袖から出る腕を覆う、長い手袋と合わせてコーディネート。カジュアルなデニムのオーバーオールには、ケープのように丈の短いタートルネックニットを重ねた。シャカシャカした質感の軽やかなパンツには、あえてノーカラーのウールコートを羽織ってエレガントさをプラスしている。

 ニッカポッカを思わせるワイドパンツとロングジャケットにダウンジャケットを組み合わせたルックは、ダウンジャケットの深みのある色味やマットな質感によって落ち着いた雰囲気を演出。中に着たジャケットとパンツの滑らかな生地感も相まって都会的な佇まいになっている。

 直線的なブラックのロングスカートに合わせたオーバーサイズのレザーブルゾンには、幾何学的な模様のステッチを張り巡らせ、スペクタクルに仕上げた。その他にも、しなやかな落ち感の布地で仕立てたリラクシングなオールインワン、大きめのカフや襟を配したブラウスとスラックスのルックなど、ワークウェアの要素で構成したコーディネートながらリュクスな雰囲気を漂わせているのが印象的だ。

■クラシカルなウェアをユニークに着る

 また、生地をたくさん使い、分量をとって仕上げたクラシカルなウェアも独自のスタイルに昇華。ハリのある素材で立体的に仕立てたAラインのロングドレスと襟付きのブラウスの端正な着こなしには、頭をすっぽり覆う緩やかなキャップを合わせて抜け感を作り出す。ウエストにギャザーを寄せ、袖口や裾に向かってたっぷりとドレープを効かせたシャツドレスや、サンドベージュの上品なバルーンスリーブブラウスとワークパンツのセットアップには、鮮やかなレッドのレザーシューズをコーディネートすることで、意外性のあるアクセントを効かせた。

 コンパクトな仕立てのダブルのジャケットは、袖や裾からインナーのブラウスを見せるようにしてラフに着用。曲線的なフォルムによってさらに、セットアップならではの緊張感が和らいでいる。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードワイズ ピンク(Y's Pink)2020年秋冬コレクション

広告