Microsoft、MSNでニュース選定など行う契約スタッフ解雇 AIに置き換えへ

2020年6月1日 18:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 MicrosoftのMSN部門が、契約している数十人の記者やライター、スタッフとの契約を解除したことが報じられている。同社は新型コロナとは関係なく、単に他の重点部門への投資のためと説明しているが、削減された人員が行っていた業務はAI(人工知能)によって代替されるのではないかとの話が出ているようだ(GIZMODO)。

 MSNは自ら記事制作を行っているわけではなく、パートナー出版社のニュース記事を選んでサイトに掲載しているが、どの記事や写真を掲載するのかといった判断は人間のスタッフが行っていた。MSNはこの作業をAIによって自動化しようとしており、すでに数ヶ月前から作業を半自動化するシステムが稼働しているという。

 スラドのコメントを読む | 人工知能 | ニュース

 関連ストーリー:
中国の裁判所、AIが生成した文章に著作権を認める 2020年01月13日
イーロン・マスク曰く、進化したAIがソーシャルメディアを操り始める日は近い 2019年09月29日
中国・新華社でAI合成アンカーがデビュー 2018年11月11日
AI技術を謳いながら実際には人力で作業を行なっている企業は少なくない? 2018年07月10日
日経新聞でAIによる決算短信の配信が始まる 2017年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoft人工知能(AI)

広告

財経アクセスランキング