2019年の国際特許出願件数、中国が米国を上回る

2020年4月13日 20:56

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 2019年の国際特許出願件数は中国が1位で、続いて多かったのは米国、日本、ドイツ、韓国だったそうだ(36KrJapan日経新聞)。

 世界知的所有権機関(WIPO)による発表とのことで、数字は正確なものと思われる。中国は5万8990件、米国は5万7840件とのこと。まだ僅差ではあるが、2018年は中国が5万3345件、米国は5万6142件だったとのことで、中国が10%ほど増加、米国は微減という感じなのは気になるところだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | パテント | アメリカ合衆国 | 中国

 関連ストーリー:
先端技術に関連する特許の出願数、10分野中9分野で中国がトップ 2020年02月14日
米国防総省、米企業に対し5G技術のオープン化を求める 2019年12月29日
中国、知的財産保護を強化。知的財産大国となるか 2017年04月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドイツ中国韓国米国特許

関連記事