リチャードソン“縄”MA-1やカタカナパーカー、日本初の旗艦店リチャードソン トウキョウで

2020年3月26日 20:55

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 リチャードソン マガジン(Richardson Magazine)編集長のアンドリュー・リチャードソン手掛けるブランド「リチャードソン(Richardson)」から新作アイテムが登場。2020年3月28日(土)にオープンする日本初の旗艦店、リチャードソン トウキョウ(Richardson Tokyo)にて発売される。

 「リチャードソン」は、アートやセックスなどを探求する過激なインディンペンデントマガジンとして1998年に創刊されたリチャードソン マガジンのアパレルライン。雑誌同様、“アートとクラフトマンシップを通して若者の意識に訴えかける”という方法を用い、ユニセックスウェアやアクセサリーを展開している。

 今回、新たにオープンする日本初の旗艦店となるリチャードソン トウキョウにて、カタカナでブランドネームをあしらったジャケットやフーディや、“縄”をプリントしたMA-1などを日本先行発売。また、リチャードソン トウキョウの住所や電話番号を記したジップアップフーディ、Tシャツが同店限定で発売される。

 なお、リチャードソン トウキョウは、「リチャードソン」のアパレルコレクションをフルラインナップで展開するほか、コラボレーションや日本限定アイテム、リチャードソン マガジンも用意。オリジナルの「木馬」やベンチを店内に備え、「リチャードソン」の世界観を存分に体感できるショップとなっている。

【詳細】
リチャードソン 日本限定アイテム
発売日:2020年3月28日(土)
販売店舗:リチャードソン トウキョウ
価格例:
・Richardson Japan Car Club Jacket 75,000円+税
・Richardson Japan Swimtrunks 20,000円+税
・Richadson Japan Drop Shoulder Hoodie 28,000円+税
・Shibari Ma-1 Bomber Jacket 58,000円+税
・Shibari Hoodie 35,200円+税
・A7 Longsleeve 15,000円+税
・Richardson Hardware Hoodie 28,500円+税 ※リチャードソン トウキョウ限定
・Richardson Hardware Tee 7,500円+税 ※リチャードソン トウキョウ限定
・Richardson Hardware Cap 9,000円+税

■リチャードソン トウキョウ

住所:東京都渋谷区神宮前4-27-6
営業時間:11:00~20:00
TEL:03-6455-5885(3月28日より開通)
定休日: 不定休

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーション

広告

広告

写真で見るニュース

  • GMが開発したグローバルEVプラットフォーム(画像:General Motors発表資料より)
  • AIQの取り組み。(画像:AIQ発表資料より)
  • (画像: NTTドコモの発表資料より)
  • 「GLC350e 4MATICクーペ」(画像: メルセデス・ベンツ日本)
  • ホンダ・オデッセイ用のリアガーニッシュ(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース