IBMやGoogle、Amazonなどがコロナウイルス関連研究に計算リソース提供

2020年3月25日 18:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 新型コロナウイルス感染症対策のため、IBMやNASA、MIT、米国立科学財団、Google、Amazon.comなどが協力してコロナウイルスの解析を行う「COVID-19 HPC Consortium」を設立した。これら企業が研究機関に対して計算リソースを提供するという(仮想通貨WatchTechCrunch)。

 研究機関はコンソーシアムに対して、使用目的と研究内容、使用する計算量、必要なサポートといった情報を提出することで計算リソースが使用できるようになる。計算リソースを提供するのは次の組織となっている。

 U.S. Department of Energy (DOE) Advanced Scientific Computing Research (ASCR)U.S. DOE National Nuclear Security Administration (NNSA)U.S. National Science Foundation (NSF)NASA High-End Computing CapabilityGoogleAmazon Web ServicesMIT/Massachusetts Green HPC Center (MGHPCC)Rensselaer Polytechnic InstituteIBM Research 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | サイエンス | 医療 | IBM | IT

 関連ストーリー:
新型肺炎患者に対し「アビガン」の投与が試される 2020年02月26日
日本に入ってきた新型コロナウイルスの感染ルートは単一ではないという遺伝子解析結果 2020年02月21日
分散コンピューティングFolding@home、新型コロナウイルスとの戦いを開始 2020年03月05日
「さくらのクラウド」未使用HWでFolding@homeの新型コロナウイルス解析に参加 2020年03月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleNASAAmazonIBM仮想通貨新型コロナウイルス