ソフトバンクG傘下のパテントトロール、COVID-19の検査妨害する訴訟起こし炎上

2020年3月19日 19:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ソフトバンクグループ傘下の「Fortress Investment Group LLC」が、COVID-19診断テストを行っている数少ない企業である米BioFire Diagnostics / BioMerieuxを特許侵害で訴えた。さらに悪いことに、同社は裁判所に差止命令を発行するよう求めており、BioFireがCOVID-19関連の診断も行えないようにしたという(Techdirtその1Techdirtその2Slashdot)。

 Techdirtによると、これは特許トローリング問題、新型コロナウイルスことCOVID-19、血液検査会社として問題を起こしたTheranos、さらにはソフトバンクを繋ぐ話だという。

 Fortress Investment Group LLCが特許侵害の根拠としたのが、かつてTheranosが所有していた特許のうちの二つ(米国特許8,283,155および10,533,994)だ。Theranosは実際に機能しなかった医療検査機器のスキャンダルで解散した企業。Theranosは2018年に解散したとき、Fortress Investment Groupに所有する特許を売却している。今回、Fortress Investment Group LLCは所有する投資ファンドであるLabrador Diagnostics LLCを通じ、この特許を根拠としてBioFire Diagnosticsを訴えたことになる。

 Fortress Investment Group LLCはパテントトロールとして知られており、昨年秋にAppleとIntelが同社を反トラスト法違反として米連邦地裁に提訴している過去記事)。3月16日にTechdirtに最初にこの記事が掲載されると、関心の高いCOVID-19関連問題と言うこともあってFortress Investment Groupは炎上したようだ。3月17日にプレスリリースを出し、COVID-19向けのテストに必要な特許に関してはロイヤリティーフリーライセンスにする、今回の訴訟に関してはCOVID-19を狙ったものではないといった言い訳が記載されている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | パテント

 関連ストーリー:
GNOME、「パテントトロル」に対抗すべく支援を求める 2019年10月28日
「HTTPSを利用しているWebサイトは特許侵害」と主張するパテントトロル 2015年12月03日
Intel、ソフトバンク傘下の投資会社をパテントトロールとして訴える 2019年10月26日
Kaspersky Lab、同社を訴えたパテントトロールに5千ドルを支払わせる 2017年09月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンク特許パテントトロール新型コロナウイルス

広告