Web版「Google Earth」、Edge/Firefox/Operaがサポート対象に

2020年3月5日 18:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今まではGoogle Chromeのみがサポート対象だったWeb版のGoogle Earthだが、このたびEdgeやFirefox、Operaブラウザも正式サポート対象となった(窓の杜Google Earth and Earth Engineブログ)。

 Web版Google EarthはWebブラウザ上でネイティブコードを実行するWebAssembly(WASM)技術と、ハードウェアアクセラレーションに対応する2D/3DグラフィックレンダリングAPIであるWebGL 2.0を使って実装されている。そのため、WebAssemblyに対応していないブラウザやWebGL 2.0に対応しないブラウザでは利用できなかった。また、FirefoxやOperaではセキュリティ上の問題から一部の機能が無効化されていたためにマルチスレッドでの利用ができなかったが、この問題も解決されたようだ。

 ただし、SafariはWebGL 2.0に対応していないため、まだWeb版Google Earthは利用できないという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Opera | Chrome | Google | Firefox | インターネット

 関連ストーリー:
WebAssembly使用サイトの半分は悪意のある目的に利用しているとの調査結果 2020年01月10日
WebAssemblyに初対応したFirefox 52がリリース 2017年03月11日
防衛省の調査報告書に誤ったデータ、Google Earthを定規で測って計算したことが原因 2019年06月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleChromeFirefoxOperaSafari

広告