AI活用の歌声合成エンジン「NEUTRINO」、容易に人間らしい歌声合成可能と話題に

2020年2月27日 19:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 人工知能技術を使っているという新たな音声合成エンジン「NEUTRINO」が発表された。歌詞とメロディを入力するだけで歌声を合成できるソフトウェアで、実際に人間が歌ったデータから特徴を抽出することで、その歌声と似た音声を作り出せるという(すずしめにっき)。

 現在2つの音声ライブラリが公開されており、すでにこれらを使った音源も公開されている。今までの歌声合成ソフトウェアでは人間らしく歌わせるためにはパラメータの調節などが必須だったが、NEUTRINOではそのような調整を行わずとも人間らしい歌声を作り出せるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | 人工知能 | IT | 音楽

 関連ストーリー:
美空ひばりの音声を元にした合成音声による新曲が発売へ 2019年11月21日
VOCALOID 5発売。井上喜久子の声を使ったライブラリも発表 2018年07月13日
人間に近い音声で読み上げる「AIアナウンサー」、9,800円/月で提供開始 2018年03月03日
人間そっくりの音声を合成可能なGoogleの音声合成システム「Tacotron 2」 2018年01月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)

広告