京大、Pythonによるプログラミング演習教材を無料公開

2020年2月25日 18:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 京都大学が2月13日、Pythonによるプログラミング学習のための教材「プログラミング演習 Python 2019」を公開した(CodeZine)。Creative Commonsの「CC-BY-NC-ND」(表示-非営利-改変禁止)ライセンスで公開されており、このライセンスに従う限り無償かつ自由に利用・複製が可能。

 同大学の授業で使用された教材をベースにしたものとのことで、単にPythonの文法や機能を紹介するだけでなく、コンピュータの仕組みやデータの扱い方といった内容についても言及されている。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | プログラミング | 教育

 関連ストーリー:
プログラミング学習用のガチャピン・ムックデザインのマイコン基板 2020年01月30日
ロボット/プログラミング学習用ザク、税込9万8,890円で3月発売 2019年10月02日
高校のプログラミング(情報)の教科書はこんな感じ 2018年08月02日
2020年度から導入される小学校プログラミング教育、多くの教委が未準備 2018年06月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード京都大学Python

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース