Samsung、縦に折りたためるAndroidスマホ「Galaxy Z Flip」を発表

2020年2月13日 18:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Samsungが折りたたみ式のAndroid端末「Galaxy Z Flip」を発表した(ITmedia)。Sumsungはすでに横方向に折りたためるスマートフォン「Galaxy Fold」を発売しているが、Galaxy Z Flipは縦方向に折りたためる点で違いがある。

 ディスプレイの中心部分から2つ折りになるような構造で、ディスプレイは7.6インチ(2636×1080ドット、縦横比21.9:9)の有機ELディスプレイを採用。開いた状態でのサイズは167.3×73.6×7.2mm、たたんだ状態では87.4×73.6×17.3mm。質量は183g。また、背面(畳んだ状態では表面)には1.1インチ(300×112ドット)の有機ELディスプレイも搭載されている。

 日本ではKDDIが発売する予定とのこと。価格は未定だが、米国および韓国での価格では1380ドルになるという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 携帯電話 | Android | 携帯通信

 関連ストーリー:
Lenovo、ディスプレイ部分を折りたためるノートPCを発表。2020年半ばに発売で約27万円 2020年01月09日
Motorola、縦方向の折り畳み型ディスプレイを備えるスマートフォンを発表 2019年11月15日
Samsung、発売を延期していたGalaxy Foldを9月には発売できると発表 2019年07月27日
Samsung、折りたたみ可能なGalaxy Noteを来年にも発売する計画 2017年09月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国AndroidSamsungGalaxyKDDI有機ELGalaxy Fold