中国・武漢に1週間で作られた医療施設、5G活用した遠隔医療を導入

2020年2月6日 18:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 コロナウイルスによる新型肺炎が中国・武漢で流行したことを受け、同地域では「火神山医院」という医療施設が設置された。この医院は1週間あまりの工事でできあがったことが話題になったが、ここでは5G通信を使ったネットワークが導入され、遠隔診療体制が構築されているという(ケータイWatch)。

 同医院は2月3日に稼働を開始。北京の医院と接続したスマート会議システムが導入されたほか、医療用ワゴンにビデオカメラが設置され、患者に直接接触する回数を減らしながら患者の状態を確認できるようになっているそうだ

 なお、同システムはファーウェイおよびチャイナテレコムがシステムを構築している。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ネットワーク | 医療 | 携帯電話

 関連ストーリー:
日本が新型コロナウイルス汚染地域となる可能性 2020年02月06日
Huawei、エンティティリスト入りの逆風にもかかわらず66%もの成長 2019年11月06日
コロナウイルス問題の余波でスマートフォンの出荷台数減が予想される 2020年02月05日
中国武漢で新型コロナウィルスによる肺炎が拡大、日本でも陽性患者を確認 2020年01月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国5G(第5世代移動通信システム)