AppleとBroadcom、カリフォルニア工科大に11億ドル支払命令 特許侵害で

2020年2月1日 22:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 カリフォルニア工科大学(CalTech)がAppleとBroadcomに対し、同社の特許を侵害したとして訴えていた裁判で、米連邦地方裁判所はAppleとBroadcomに対し賠償金を支払うよう命じた(BloombergCNET Japan)。

 問題とされている特許はBroadcomのWiFiチップで使われており、賠償金はAppleが8億3780万ドル、Broadcomが2億7020万ドルだそうだ。

 AppleおよびBroadcomは特許侵害を否定しているほか、AppleはBroadcomの製品を購入しただけで特許侵害自体にも関係ないと主張しており、上訴する方針。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | 法廷 | パテント | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
GlobalFoundries、TSMC製品の米国とドイツへの輸入差止を求めてTSMCやAppleなどを提訴 2019年08月29日
Apple、Intelのスマートフォンモデム事業取得へ 2019年07月27日
Qualcomm、Appleとの和解で47億ドル以上を受け取る見込みを明らかに 2019年05月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードApple特許裁判

広告