Appleの広告を集めて公開するサイト、Appleから大量の削除申請受ける

2020年1月30日 18:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 有志が収集したAppleの広告コンテンツをThe Apple ArchiveというApple非公認のサイトで公開したところ、700通以上の削除申請がAppleの弁護士から送られてきたそうだ(Engadget日本版)。

 広告アーカイブは著作権的には微妙なところで、日本でも有志が運営するWikiで「ビビッドアーミー」というブラウザゲームの広告を大量に収集・公開したところ、運営会社から削除依頼が寄せられる出来事が発生している。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 広告 | アップル

 関連ストーリー:
アミューズメント業界紙「ゲームマシン」初期の号がPDFで無料公開される 2019年06月08日
イギリスにて国営の「ゲームアーカイブ」が設立 2008年11月02日
Googleの新聞紙面デジタルアーカイブプロジェクト 2008年09月11日
英 Times 紙が 200 年分の誌面をデジタルアーカイブし公開 2008年06月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権Apple弁護士