ホワイトマウンテニアリング 2020-21年秋冬コレクション発表

2020年1月24日 08:42

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)の2020-21年秋冬メンズコレクションが、フランス・パリで2020年1月18日(土)に発表された。

■秋から冬への移ろいを「落ち葉柄」で表現

 今季アイコニックに取り入れたのは、落ち葉柄。秋から冬へと移ろう“季節の便り”を機能性に富んだスポーティウェアに落とし込みドラマティックに見せている。

 秋冬の山々の一角を切り取ったプリントは、カサカサ、カサカサ…枯れ葉を踏む足音がいまにも聴こえてきそうなリアルな仕上がりだ。自然そのままの色をいかしたカーキを筆頭に、空の青さまでを取り込んだようなネイビー、夕陽に照らされたような深みレッドなどさまざまなカラーで落ち葉プリントが展開される。


■ボリュームアウターが活躍

 秋冬の山では防寒が大切だ。アウターは、ダウンコートやフーディコート、コルマーのアウターなどいずれもゆったりとしたサイズ感で、寒い風が吹いても身をしっかりと守ってくれそう。ボトムスはアンクル丈またはテーパードデザインが多く、スニーカーや膝までのキルティングロングブーツの相性がよい。

 ジャケット、パンツに合わせたのは、シャツやクルーネックトップスなどのインナー。スタイルを構成する点数は多くはないが、複雑にみせるのはパッチワークの手法から。クルーネックトップスには、さまざまな異素材を正方形にカットアウトして重ね合わせていたり、アウターも2重3重にテキスタイルをレイヤードさせて重ね着風にデザインして、メンズファッションに洋服を重ねる楽しみをもたらしている。

■隠れたトラッドな要素

 スポーティーな要素にフォーカスしがちだが、トラディショナルなエッセンスもゆるりと交えている。グレンチェックのロングパンツやチェック柄のシャツなど、トラッドスタイルとなじみよいピースを加えているほか、アイテムのディテールにはヘリンボーン柄をかませたり、ほどよくクラシックな要素を取り入れている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードスニーカーホワイトマウンテニアリングパリ2020年秋冬コレクション