ホンダの新型フィット、発売日は2月14日に 先行展示などプロモーションも

2020年1月19日 18:00

小

中

大

印刷

ホンダ・新型フィット(画像: 本田技研工業発表資料より)

ホンダ・新型フィット(画像: 本田技研工業発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは17日、同社の人気コンパクトカー「フィット」の新型を、2月14日に発売すると発表した。2019年10月に東京モーターショーでワールドプレミアを飾り注目を浴びた4代目フィットが、いよいよ新車市場に姿を現す。

【こちらも】ホンダの闇は深い 新型フィット発売延期 電動パーキングブレーキ変更でコストアップ

 発売に先行して公開されている新型フィットのティザーサイトでは、フィットの魅力や利点を複数の動画でチェックできる。

 新型フィットの魅力の1つは、運転席側からの視界の広さだ。フロントピラーの極細化やインテリアパネルの水平化などにより、先代よりも見通しの良さを確保した。また、フロントシートに採用されたボディスタビライジングシートもポイントだ。人の骨格を意識した設計により、座り心地を向上させている。

 2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」により、より環境にやさしい車に仕上がっており、先代よりさらに親しみやすくなるだろう。

 ほかにも充実したインテリアも要注目である。後部座席を前方向に折りたためるなど、多彩なシートアレンジが可能。ワイヤレス充電器で気軽にスマートフォンなどへ充電ができ、ドリンクホルダーもより使いやすくなった。先進安全運転支援技術のHonda SENSINGも新たに近距離衝突軽減ブレーキが加わるなど、レベルアップしている。

 新型フィットには「ベーシック」「ホーム」「ネス」「クロスター」「リュクス」という5つの個性あふれるグレードを用意。好みに応じて選びやすくなっていることもポイントである。

 価格などは未発表だが、1月18日にリニューアルオープンした「ウエルカムプラザ青山」(東京都港区)では、新型フィットを先行展示している。公式サイトでは「私、新しいフィットです」というキャッチコピーとともに4代目となる同車のCMも公開中。ホンダのフィットに対する期待度が、幅広いプロモーションにも表れている。

関連キーワード本田技研工業フィット(小型車)東京モーターショーHonda SENSING

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース