Honda SENSINGのニュース一覧

ホンダCR-Vに新たに追加した最上級グレードのBLACK EDITION、1.5リッターターボ番が374.41万円から418.88万円、ハイブリッドのe:HEV版が438.84万円(FF)と455.84万円(4WD)となる

ホンダは、グローバル市場で好評なミッドサイズSUV「CR-V」の日本市場向けモデルを一部改良し、6月19日に発売した。 06/21 19:30

新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)

ホンダは14日、フルモデルチェンジした新型フィットの販売を開始した。 02/15 21:38

最短1カ月から利用できる新たな月極定額モビリティサービス「Honda Monthly Owner」を2020年1月28日から中古車で開始する

ホンダは、自動車税やメンテナンス費用、自動車保険料などをワンパックとする最短1カ月から利用できる新たな月極定額モビリティサービス「Honda Monthly Owner(ホンダ マンスリー オーナー)」を2020年1月28日から、まずは中古車で開始すると発表した。 01/30 08:26

ホンダ・新型フィット(画像: 本田技研工業発表資料より)

ホンダは17日、同社の人気コンパクトカー「フィット」の新型を、2月14日に発売すると発表した。 01/19 18:00

走りの限界性能を高め、エンジンの冷却性能とブレーキ性能を向上させ、クルマの基本性能を引き上げた新型シビック・タイプR、今夏発売予定

ホンダは、1月10日に開幕した幕張メッセ「東京オートサロン2020」の同社ブースで、シビック・タイプRの2020年型というべき改良型を初公開した。 01/16 08:44

マイナーチェンジしたホンダのコンパクトなミニバン「フリード」に加わったクロスオーバーモデルの新グレード「CROSSTAR」

ホンダは、5ナンバーサイズのコンパクトミニバン「FREED(フリード)」「FREED+(フリードプラス)」をマイナーチェンジした。 10/24 09:42

「N-BOX」と「N-BOXカスタム」(画像:本田技研工業の発表資料より)

ホンダは、2017年9月の発売以降、軽自動車最大級の室内空間で新車販売台数1位を獲得し続けるN-BOXに、Honda SENSING(ホンダセンシング)をはじめとする性能向上など一部改良を施し、10月4日より販売を開始した。 10/07 17:43

プリウスα(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

クロスオーバーSUVのスタイリングが広まっている。 09/06 08:08

人気コンパクトミニバンのフリードに、クロスオーバーグレード登場。フリード・CROSSTAR(画像: 本田技研工業の発表資料より)

ホンダは30日、フリードおよびフリード+をマイナーチェンジし、10月18日に発売すると発表した。 08/31 17:22

新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)

運転手にやさしいクルマがホンダから発売される。 07/19 12:24

交通事故死者数自体は減少傾向にあるものの、死者全体のうち高齢者の占める割合は上昇傾向にある

近頃、高齢者の運転による痛ましい自動車事故のニュースが後を絶たない。 06/03 10:01

シャープでエッジの効いた外観となった新型SHUTTLEの最上級モデル「HYBRID Z・Honda SENSING(FF)」、価格は255万9600円

ホンダは、コンパクトステーションワゴン「SHUTTLE(シャトル)」をマイナーチェンジした。 05/13 08:53

2019年1月31日から発売となる「Honda VEZEL TOURING・Honda SENSING」、1.5リッターターボエンジンを搭載した新グレード

ホンダは、2019年1月31日に「VEZEL TOURING・Honda SENSING(ヴェゼル・ツーリング・ホンダセンシング)」発売する。 12/23 15:41

INSIGHT。(画像:本田技研工業発表資料より)

本田技研工業(ホンダ)は、新型のハイブリッドカー「INSIGHT(インサイト)」の2018年冬の日本発売に向け、各種情報をホームページ上で公開した。 10/05 19:44

 1 2 3  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告