阿波製紙が連日ストップ高、CNF実用化への期待強く星光PMCも高値更新

2019年12月2日 10:08

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「師走相場」にピッタリの材料株との見方も

 阿波製紙<3896>(東1)は12月2日、取引開始後に気配値のままストップ高の618円(100円高)に達し、値が付けば2日連続ストップ高という急伸相場になった。2018年11月以来の600円台。

 CNF(セルロースナノファイバー)を用いた自動車用部品の実用化を進めており、11月29日、日本経済新聞・電子版が同様の自動車部品に関する京都大学とデンソー<6902>(東1)などの動向を伝えたことが急伸の契機になったとされている。同じくCNFを手掛ける星光PMC<4963>(東1)も6%高の1070円(64円高)をつけて年初来の高値に進んでいる。

 12月「師走相場」は年末年始のモチ代を稼ぐため値幅狙いが活発化し、材料株がとっかえひっかえ急伸する動きがみられるとされる。CNF関連株も絶好の材料株として注目されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 日産・キックス(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ぺんてるが販売している「マークシートセット」(画像: ぺんてるの発表資料より)
  • 画像はイメージです。(c) 123rf
  • 車内で抗菌するイメージ。(画像: ジェックの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ディモルフォスをスキャンするHERAのイメージ (c) ESA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース