ナナミカのゴアテックスアウター、光電子のダウンコートやツイード調ウールのステンカラーコートなど

2019年11月30日 21:16

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ナナミカ(nanamica)の2019年秋冬コレクションから、防水透湿性素材・ゴアテックス(GORE-TEX)を採用したアウターを紹介。

■ゴアテックス×ダウンコート

 「GORE-TEX Down Coat」は、75デニールのポリエステルタフタにラミネートした2レイヤーのゴアテックスを使ったダウンコート。柔らかくなめらかな質感の素材で、クラシカルな佇まいに仕上げている。

中綿には遠赤外線で温かさをキープできる、高機能ダウン素材・光電子を使用。腰ポケットには防水性を高める止水ファスナーがあしらわれている。外側のポケットの他、内側左右にもファスナー付きポケットを備え、機能的な1着に仕上げている。

■米海軍「N-1」がベースのシェルコート

 2レイヤーのゴアテックス ファブリクスで仕立てたシェルコートは、米国海軍のN-1 Winter ParkaをベースにしたゆるやかなAラインシルエットのアウター。ウエストのドローコートを絞り、シルエットを変えて着用することができる。フロントには、アウトドアのマウンテンジャケットで用いられている止水ファスナーと、圧着式のマジックテープを採用。装飾を削ぎ落したシンプルな仕立てながら、衣服内への浸水も防いでくれる。

■ゆとりのあるAラインのショートコート

 着脱可能なフード付きのショートステンカラーコートも登場。表地にナイロン素材を配した3レイヤーのゴアテックス ファブリクスが採用されている。比翼仕立ての、ゆとりを持たせたAラインシルエットが上品な印象を演出。防水透湿性を備えたアクティブなアウターながら、タウンユースにもぴったりだ。

■ツイード調ウールのステンカラーコート

 ナナミカが定番で展開しているステンカラーコートは、表面にツイード調ウールをラミネートした3層のゴアテックスを使用してアップデート。袖に分量を持たせ、着丈を長めに設定することで、ボリュームのあるフォルムに仕立てている。前の合わせにはスナップボタンを配し、カジュアルさをプラスした。

■コットン採用の定番ステンカラーコート

 さらに、表地にコットンを使った3レイヤーのゴアテックス ファブリクスを使用した定番ステンカラーコートも用意。アームホールを広くとっているため重ね着がしやすく、シーズンを越えて長い期間着用できる。裾に向かって徐々に広がる、品のあるシルエットと、コットンならではの表情豊かな風合いが魅力だ。

【詳細】
ナナミカ 2019年秋冬 ゴアテックスアウター
・GORE-TEX Down Coat 77,000円
・GORE-TEX Shell Coat 66,000円
・GORE-TEX Short Soutien Collar Coat 70,400円
・GORE-TEX Soutien Collar Coat(ツイード調ウール) 86,900円
・GORE-TEX Soutien Collar Coat(コットン) 71,500円
※価格は全て税込。

【問い合わせ先】
ナナミカ トウキョウ
TEL:03-5728-3266

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードナナミカ(nanamica)

広告