SUBARU、フォレスター特別仕様車「X-Edition」発売

2019年11月30日 09:57

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

SUBARU最量販SUVフォレスターの特別仕様車「X-Edition」。価格は317.9万円

SUBARU最量販SUVフォレスターの特別仕様車「X-Edition」。価格は317.9万円[写真拡大]

写真の拡大

 SUBARUは、同ブランドの世界最量販車種となる、グローバル戦略SUV、フォレスター特別仕様車「X-Edition」を11月26日に発表し、2020年1月23日から発売する。

 2018年に発売した第5世代となる現行モデルは、新たにSUBARU GLOBAL PLATFORMを採用し、クラストップレベルの衝突安全性能および危険回避性能獲得している。加えて、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。

 歴代フォレスターが築いた価値を伝承し、そこに最新の技術を組み合わせることで、ユーザーが豊かさ、快適さ、愉しさ、冒険心を感じられるエモーショナルで身近な存在として、機能・性能を磨き上げた。

 今回発売する特別仕様車「X-Edition」は、2.5リッター水平対向4気筒エンジン搭載車のフォレスター「Premium」をベースに、タフに使える装備や外観の力強さをさらに際立たせるアイテムを採用した。

 インテリアでは、撥水機能を持つシートとカーゴフロアボードを採用し、日常での使い勝手向上させた。さらにアウトドア等のアクティブなシーンにおける対応力も強化した。さらに、光源にLEDを採用し広範囲を照らすカーゴルームランプとリヤゲートランプが、暗い場所でも高い利便性を発揮する。

 エクステリアに採用したアイテムは、18インチのガンメタリック塗装アルミホイールを、ダークメッキの加工を施したフロントグリルやフォグカバー、フロント六連星オーナメントと組み合わせることで、SUVらしいタフな外観とした。

 また、アイサイト・セイフティプラス(視界拡張)を標準装備。前後方の死角を低減することで、さらなる安心を獲得した。特別仕様車「X-Edition」の価格は、317.9万円。パール塗装のボディ色モデルは3.3万円のコストアップとなる。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
SUBARUとソフトバンク、自動運転の実現に向けて協働で実証実験開始
ニュルブルクリンク24時間、総合優勝はAudi、SUBARU・STIはSP3Tクラス優勝
SUBARU、2020年度までにCO2直接排出量を約2万トンのCO2削減に目途

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード特別仕様車SUVスバルフォレスター

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 原始惑星系円盤内でガスが滝のように流れる様子の想像図 (c) NRAO / AUI / NSF, S. Dagnello.
  • 雪道の安全運転にはタイヤチェーンが大切である。
  • マイナーチェンジされたC-HR(画像: トヨタ自動車の発表資料よより)
  • タイで観測されたふたご座流星群 (c) 123rf
  • twiice社の食べられるコーヒーカップ。(画像:ニュージーランド航空発表資料より)
  • DMMかりゆし水族館のイメージ(大和ハウス工業提供)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース