AlipayやWeChat Pay、クレカでチャージできる中国旅行者向け決済サービス開始

2019年11月12日 21:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 kawakazu曰く、

 11月5日、中国・阿里巴巴集団(アリババ)がQR・バーコード決済サービス「支付宝(Alipay)」での中国旅行者向け決済サービスを開始したと発表した(アリババ ジャパンEngadget日本版)。

 ライバルの中国・騰訊(テンセント)のQR・バーコード決済サービス「微信支付(WeChat Pay)」でも11月6日に中国旅行者向け決済サービスが開始されている(IT之家VisaMastercardEngadget日本版)。

 両者のサービスは中国内で普及しているが、チャージするためには中国国内の銀行口座が必要ということで敷居が高かった。今回の発表によると、今後は国際クレジットカードを持っていればチャージが可能になるという。ただし、チャージした電子マネーは原則中国国内での利用のみがサポートされており、中国外の実店舗での利用はできない模様である。

 中国へ旅行、仕事に行く際はスマホに事前にチャージしていっても良いのではないでしょうか。利用期限があるので返却時の為替レートには気をつけないといけないですが。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 携帯電話 | IT | 中国 | お金

 関連ストーリー:
PayPayとLINE Pay、QRコード決済の統一規格「JPQR」への参加見送り。中国勢との連携が理由 2019年08月21日
Alipay、顔認証による決済システムの利用時に「美しく」補正した映像を表示する機能を導入 2019年07月10日
現地在住者曰く、「中国のQRコード決済離れ」はデマ 2019年03月07日
「キャッシュレス」が進む中国でも使いこなせない高齢者の存在が課題に 2018年11月30日
スマホ決済アプリ「LINE Pay」対応自販機での商品購入はちょっと面倒 2018年11月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国VisaMastercardアリババAlipay

広告