中国、脱米国依存に向けた国家半導体ファンドを新設

2019年11月2日 14:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 中国政府が国内の半導体産業への投資のため、2040億元(約3兆1500億円)規模の国家ファンドを新設したそうだ。10月22日に公開された会社登録情報によると、ファンドの資本は中国の各省を中心に提供されているという。それ以外では、中国財務省が225億元、中国開発銀行の投資部門が220億元を投入している。

 ファンド設立の背景には、中国政府が米国が持つテクノロジーへの依存を減らすことを目指している点がある。中国は年間約2,000億ドル相当の半導体を輸入しているという。さらに、米トランプ政権は中国企業との取引を制限する動きを見せている。そのため、中国は設計から製造までを自前で行える半導体サプライチェーンの構築を目指しているという(BloombergSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ビジネス | 中国 | お金

 関連ストーリー:
中国企業によるDDR4 DRAM生産、遅くとも来年には量産開始へ? 2019年09月27日
IntelやQualcomm、Xilinx、BroadcomがHuaweiへの部品供給を停止 2019年05月21日
米政府、HUAWEIを輸出規制リストに追加。米製部品の調達が不可能に 2019年05月17日
中国企業、AMDの知財を使ったx86プロセッサの生産を開始 2018年07月11日
中国政府、半導体分野に5兆円以上の資金投入へ 2018年05月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ中国財務省半導体

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース