1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 財務省(1)

財務省のニュース一覧

中国政府が国内の半導体産業への投資のため、2040億元(約3兆1500億円)規模の国家ファンドを新設したそうだ。 11/02 14:43

防衛省が航空自衛隊でのF-35Bの導入を正式決定した。 08/20 12:37

財務省が5月分貿易統計を公表。輸出額は5.8兆円で7.8%減、6兆を下回り減少傾向が続く。景気を牽引してきた半導体製造装置が30%の大幅な減少。アジア向けで40%減少。自動車部品も12%減少。

秋の消費税増税を控えて景況感の推移に注目が集まっている。 07/02 07:44

財務省が2020年東京オリンピック・パラリンピック記念貨幣(五百円貨幣)の図柄を決定するため、投票を実施している。 06/22 18:56

財務省が本年第1四半期の法人企業統計を発表。全産業の売上高は前年同期比3.0%の増加、経常利益は10.3%増加、設備投資は6.1%増加。経常利益は非製造で18.4%の大幅増。投資は製造で8.5%増。

2019年はオリンピック関連需要の一巡や秋の消費税増税、中国経済の減速の影響もあり景気後退を予測する声が多かった。 06/17 07:50

財務省が紙幣(日本銀行券)を一新することを発表した。 04/11 08:55

新しい一万円札のデザイン案。(画像:財務省発表資料より)

財務省は9日、日本銀行券と五百円貨幣の刷新について着手したと発表した。 04/09 13:08

内閣府が1-3月期の法人企業景気予測調査の結果を公表。1~3月期の景況判断は全規模で「下降」超。先行きは大・中堅企業は7~9月期に「上昇」に転じるが中小企業は「下降」超で推移する見通し。

今年2019年の景気動向は不透明だ。 03/20 12:12

内閣府と財務省が12日発表した法人企業景気予測調査(今年1月~3月期調査)で大企業全産業の景況判断指数がマイナス1.7になった。

内閣府と財務省が12日発表した法人企業景気予測調査(今年1月~3月期調査)で大企業全産業の景況判断指数がマイナス1.7になった。 03/13 08:53

小笠原 隆夫

少し前の話題で、決裁文書の改ざん問題や事務方トップのセクハラ問題などを受けて、財務省が検討していた不祥事防止策の中間報告が出され、その中に上司だけでなく部下からも人事評価を受ける「360度評価」の導入などが盛り込まれたという話がありました。 02/21 19:52

財務省は昨年12月28日に、たばこのパッケージに印刷される「健康被害の警告表示」について「表示面積を現在の30%から50%に拡大する」と発表した。 01/06 20:26

消費増税にともない自動車取得税廃止に代わり設定された「燃費課税」が、消費増税後の自動車需要落ち込み対策ために先送りとなるか?

安倍晋三首相が10月15日の臨時閣議で2019年10月から実施する消費税率アップの事案について、「消費税率については法律で定められたとおり、2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げる予定だ。 10/21 17:11

公的年金への不安が高まっていることを受けて、私的年金が広がりを見せている。自分で自分の老後を作り上げる時代が始まったのかもしれない。

公的年金への不安が高まっていることを受けて、広がりを見せているのが私的年金だ。 10/16 09:23

景気回復が続く中、企業の設備投資意欲は旺盛なようだ。 08/20 13:57

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告