NVIDIA、エッジコンピューティング向けサーバー製品群を発表

2019年10月26日 10:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NVIDIAがエッジサーバー製品群「EGX」を発表した(PC WatchBusiness Insider)。

 エッジサーバーはサービス利用者に物理的に近い場所に設置して運用する「エッジコンピューティング」向けのサーバー。NVIDIAはARMベースの小さいものから複数のx86プロセッサを搭載したものまで、20種類ほどの製品をリリースするという。同社のGPGPU技術を活用し、低レイテンシで処理を実行できる点が特徴だという。

 この製品群は次世代携帯電話網(5G)や工場、自治体などでの導入が予定されているとのこと。また、KDDIやソフトバンクも5G網での利用に向けた評価を開始しているとのこと。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ハードウェア | IT

 関連ストーリー:
PC向けGPU市場シェア、AMDが5年ぶりにNvidiaを上回る 2019年09月01日
縦横215mmという超巨大サイズの深層学習向けプロセッサ 2019年08月29日
自動運転の為のチップを作るのはテスラとNVIDIAか 2019年05月03日
NVIDIA、16基のGPUを接続したスーパーコンピュータ「DGX-2」を発表 2018年03月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクKDDINVIDIAARM

広告