ユキ トリヰ インターナショナル、2020年春夏コレクション発表

2019年10月20日 23:05

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ユキ トリヰ インターナショナル(YUKI TORII INTERNATIONAL)の2020年春夏コレクションが、2019年10月17日(木)に発表された。

■「マーガレット」をアイコンに

 女性たちのライフスタイルに繋がる、着心地のよい洋服を提案しながらも、毎シーズン新しいスパイスを加え、フレッシュな装いを作るユキ トリヰ。特に春夏シーズンは、花や色からインスピレーションを得てコレクションを仕上げるという。今季は「マーガレット」をシーズンテーマに選んだ。

 そして、今季はマーガレットをアクティブなムードのストライプパターンと組み合わせているのがユニーク。エレガントなワンピースやカーディガンには、下地に縦縞模様をあしらい上からフラワーモチーフ散りばめ、花柄ワンピースにはインナーにストライブ柄を差し込むことで、楽しく着れるフラワールックを作り上げた。

 また、マーガレットそのものも、ホワイト×イエローのイノセントな配色から脱して、褪せたブラウンやレッド、グレー、ブルーなどで描き出した。スカートやワンピースの上で花咲くフラワーたちは、ヴィンテージアロハシャツのような味のある表情をみせている。

 マーガレット柄と肩を並べて登場させたのは、パステルカラーで仕上げた幾何学模様。ワイドパンツやハーフスリーブドレスに落とし込み、スカーフとコーディネートすることで、フレンチシックに着こなした。

 新しい季節の到来を告げるのは、花々やカラフルなパレットばかりではない。今季は、薄くて軽い素材を多用し、軽やかに仕上げている。特に、リネンとガーゼの組み合わせはプッシュ。ドレスはもちろん、トレンチコートやシングルジャケットなどのアウターにも取り入れた。

 クロップドパンツは、透明感のあるオーガンザを上から一枚かませることで、動きのあるシルエット仕上げている。

■気品を纏ったカジュアルウェア

 グレイッシュピンク、ライトブルー、フレッシュなシトラスカラー。自然の中からインスピレーションを得たやさしい色彩で仕上げたカーディガンやTシャツは、キラキラ輝くストーンやスパンコール、レースの装飾を施すことで、ドレスアップしている。

 また、カジュアルウェアの代表格といえるデニムもブラッシュアップ。ワイドシルエットの側章パンツも、センタープレス加工を施すことで上品にみせ、ノーカラージャケットはレースとコンビネーションさせることで可憐さを纏っている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードユキ トリヰ インターナショナル2020年春夏コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース