iOS13のSafari、詐欺サイト確認のため中国Tencentにデータ送信か

2019年10月17日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 iOS 12.2ベータ2以降では、詐欺サイトの確認のためにWebサイトの閲覧前にそのアドレスを「Tencent Safe Browsing」に送信するようになっているという(iPhone Mania)。これはiOS 13でも同様だという。

 設定アプリで「詐欺Webサイトの警告」がオフになってるスラドのプライバシーが硬い諸君には関係ない話だが。

 今まで詐欺サイトの確認にはGoogle Safe Browsingが使われていたが、新たにTencent Safe Browsingも使われるようになったということのようだ。これに対しては、送信された情報がユーザーの特定や追跡などに使われる可能性があるのではないかとの危惧も出ている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | セキュリティ | アップル | プライバシ

 関連ストーリー:
中国ゲーム各社、自主規制案を公表 2019年07月04日
Tencent、中国向けゲーム全タイトルで実名登録と未成年へのプレイ時間制限を課す方針 2018年11月08日
中国、シリコンバレーでの影響力を強める 2018年10月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国GoogleiOSiPhoneSafariiOS 12iOS 13

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 日産・キックス(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ぺんてるが販売している「マークシートセット」(画像: ぺんてるの発表資料より)
  • 画像はイメージです。(c) 123rf
  • 車内で抗菌するイメージ。(画像: ジェックの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース