スバル・XVマイナーチェンジ 「e-BOXER」「X-MODE」で悪路走破性の強化

2019年10月15日 07:45

小

中

大

印刷

SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)

SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • SUBARU XV「Advance」インテリア
  • SUBARU XV「Advance」インテリア
  • SUBARU XV「1.6i EyeSight」
  • SUBARU XV「1.6i EyeSight」インテリア

 スバルは、2019年11月15日に発売する「SUBARU XV」改良モデルを発表した。インプレッサとプラットフォームおよびシャーシを共用するXVだが、最低地上高が高いのでストロークの調整をしており、背の高いSUVスタイルのため、若干ハンドリングではインプレッサに比べ不快な挙動が感じられる。とはいっても、かなりのハイレベルの話だ。

【こちらも】スバル・新型インプレッサ発表 200万円のクルマで、ここまで走りの質が向上

 今回のマイナーチェンジで、XVは「e-BOXER」搭載車種を増やし、「X-MODE」で「SNOW・DIRT」と「DEEP SNOW・MUD」の2つのモードを選択可能とした。これにより、雪道や砂利道など滑りやすい道、深雪やぬかるみといったかなりヘビーな道を走破する能力を上げている。これは、クロスオーバーSUVと言われるカテゴリーで本格的オフロード性能を求める傾向があるためで、これらの性能をスバル・XVも強化したのであろう。

 スバル・XVのパワーユニットは、1.6リットルガソリンエンジンと、2.0リットルガソリンエンジンにモーターをプラスしたマイルドハイブリッドの2種類だ。2.0リットルエンジン搭載車が「e-BOXER」仕様に切り替わる。

 マイルドハイブリッドは低速トルクが強く、オフロード走行にはもともと向いており、街中での乗りやすさもあるのでお勧めだ。室内騒音レベルを下げたいのであれば、XV1.6リットルガソリンエンジンがお得感がある。インプレッサを少々豪華に仕上げた、SUVボディのスタイリングだ。

 もちろんスバルのエンジンは水平対向で、現在は4気筒のようだ。ターボチャージャーはないが、トヨタのHVシステムを積んだ水平対向エンジンを用いたパワーユニットが将来加わるのであろう。その時はマイルドハイブリッドではなく本格的なモーターを積み、よりオフロード走破能力を上げてくるだろう。

 都会的なデザインでありながら、本格的オフロード性能を身に付けたSUVの時代が来ているようだ。それはどうやら、ポルシェなどのプレミアムカーのSUVが、かなり本格的なオフロードカーであることが流れを作っているようだ。

 日本では本格的オフロード走行を楽しめる場面はなかなかないが、「SNOW・DIRT」と「DEEP SNOW・MUD」を試すぐらいの場面はあるだろう。もちろん新型XVは、最新型「2.0e-Lアイサイト」、「2.0e-Sアイサイト」を装備している。トヨタグループの中で独自性を出し、水平対向エンジンを維持していけるのかがスバルのこれからの見所だ。(記事:kenzoogata・記事一覧を見る

関連キーワードSUVハイブリッド車スバルインプレッサクロスオーバーSUBARU XV

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース