パナソニック、茶筒を使ったBluetoothスピーカーを発売

2019年10月8日 17:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 パナソニックが茶筒を使ったBluetooth対応ワイヤレススピーカー「響筒」を発売する。100台限定で、価格は30万円(AV Watch)。

 手作りの茶筒を手がける開化堂と共同開発したもので、蓋の開け閉めに連動して動作がオン/オフされる。対応プロファイルはA2DP(SCMS-T非対応)、AVRCPで、対応コーデックはAACおよびSBC。バッテリーで駆動し、充電には非接触給電を採用する。本体サイズは80×91.5mmで、重量は約500g。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 音楽

 関連ストーリー:
パナソニックもUSB端子に挿すだけでオーディオの音質を向上させるというデバイスを発表 2017年11月14日
米TIME誌によるヘッドフォンのブランド別ランキング、知名度や人気は品質と無関係? 2016年07月05日
パナソニック、「テクニクス」ブランドのターンテーブルを復活 2015年09月03日
パナソニック、音質にもこだわったHDMIケーブルを発売 2012年10月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードパナソニックBluetooth

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日産・キックス(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ぺんてるが販売している「マークシートセット」(画像: ぺんてるの発表資料より)
  • 画像はイメージです。(c) 123rf
  • 車内で抗菌するイメージ。(画像: ジェックの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ディモルフォスをスキャンするHERAのイメージ (c) ESA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース