校歌の歌詞をJASRACに委託、歌詞を式次第に印刷すると著作権使用料請求

2019年9月28日 16:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨今では、公立学校の校歌の作詞者がJASRACにその著作権の管理を委託しているケースがあるという(Yahoo!ニュース)。その場合、卒業式などの式次第に歌詞を印刷する場合著作権使用料が求められるそうだ。

 学校行事のような非営利の場で校歌を歌う(上演・演奏する)場合、JASRACの許諾は不要ではあるが、印刷については複製となり、許諾が必要となるという。教育機関における複製については、授業で児童・生徒および教師の人数分の複製については著作権使用料が不要だが、入学式・卒業式についてはそうでないと判断されるようだ。

 なお、式次第に歌詞1曲を掲載して1,000部配った場合、通常の使用料は1,800円で、教育機関の場合2分の1に減額されて900円になるという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 著作権 | 教育

 関連ストーリー:
郷土資料などのVHSが各地の図書館で閲覧終了、著作権上の問題で媒体変換できず 2019年09月24日
JASRAC、結婚式での音楽利用に向けた著作権・著作隣接権使用料徴収の実証実験を行う 2019年09月05日
JASRAC、音楽教室との裁判対策として職員を音楽教室に2年間通わせる 2019年07月08日
JASRAC、HDD内蔵レコーダなど私的録音録画補償金の機種拡大を政府に求める 2019年06月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権JASRAC

関連記事

広告