サポートサーフェス、2020春夏コレクション発表 徹底的な素材へのこだわりを表現

2019年9月11日 12:49

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ


 2019年9月10日、東京都台東区の東京国立博物館・表慶館で「サポートサーフェス(support surface)」が2020年春夏コレクションを発表した。
 昨年の春夏シーズンと同じ場所を選んだことについては、「表慶館はずっと憧れがあった特別な場所。独特の雰囲気があるので、どうしてもこの場所でもう一度やりたかった。去年は雨が降ってしまったのでリベンジの意味も込めて。ここに通じる道を、自然を見つつコレクションにつながるその時間も楽しみながら歩いてきてほしかった」とデザイナーの研壁宣男氏。
 コレクションのキーワードは“Vanishing Point(消点の意)”。様々な方向から来た線が交差するバニッシング・ポイント。それが起点なのか、消点なのか、視点なのか、はたまた焦点なのか、答えは出ない、もしくは一つではないのかもしれないが、コレクションを紡ぎ上げ、全体を振り返った時にその言葉が研壁氏の頭をよぎったのだという。




 コレクションは、ブランドらしいエレガントさの中に、春夏の軽快さとヴィヴィッドな色合いを乗せた。特にこだわった素材は、見事な透け感を表現したキュプラ。歩くたびにふわりと立体的に揺れるシャツドレスは、一見シルクのような滑らかさだが、オリジナルのキュプラで仕立てられている。滑らかさがありながらも落ち感ではなくドライな、少し張りが感じられる独特の風合いが面白い。
 また、ブランドとしては珍しいボーダー柄は、ニットの厚みを変えて表現するなど、こだわりを見せた。ランウェイショーの招待状にもプリントされた、カラフルで印象的なフリンジ素材はフランス製。スカートやドレスに異素材ミックスで用いられ、コレクションに一層の華やかさを添えていた。
 昨年も見せたアクティブな女性像は、今年はスニーカーで表現。職人がひとつひとつ作り上げるというオリジナルのスニーカーが、より軽快な印象を生み出した。
 「ファストファッションなど、リーズナブルな商品はいくらでもあるけど、本当にクオリティを追求したファッションとは何かを見せたかった。素材やパターンへのこだわりを見て欲しい」と語った研壁氏。カラフルで軽快なコレクションの中に、強い意志を忍ばせた。
 
「サポートサーフェス」2020春夏コレクション
 
取材・文:アパレルウェブ

撮影:土屋航

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連キーワードスニーカー東京国立博物館サポートサーフェス(support surface)2020年春夏コレクション

広告