ロスコスモス、ISSにヒューマノイド型ロボットを送る

2019年8月26日 08:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ロスコスモスが22日に国際宇宙ステーション(ISS)補給ミッションで打ち上げたソユーズMS-14には、ヒューマノイド型ロボットSkybot F-850(FEDOR)が唯一の乗員として搭乗しているそうだ(ロスコスモスのニュースリリース[英語版][ロシア語版]The Registerの記事Space.comの記事動画)。

Skybot F-850は身長180cm、体重160kg。両手に持った銃を撃つ様子でも話題になったが、ISSでは将来的に船外活動を含む宇宙船での危険な作業で使用するのが主な目的であり、今回はロシアの宇宙飛行士による宇宙空間でのロボットシステムのテストが行われるとのこと。

ソユーズMS-14は24日にISSへドッキングするため自動アプローチしたが、ロシア側ポイスクモジュールのターゲットにロックオンできず、ドッキングを中止している。現在はISSと安全な距離を保っており、次のドッキング試行は早くても26日になるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 国際宇宙ステーション | サイエンス | 宇宙 | ロボット

 関連ストーリー:
ロシアがバイクに乗った戦闘ロボを開発 2015年01月26日
ロシア、テスト中のロボットが施設から脱走 2016年06月19日
ロシアの「最先端ロボット」には中の人がいた 2018年12月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットロシアヒューマノイド国際宇宙ステーション(ISS)

関連記事

広告