欧州為替:ドル・円は日中安値を更新、米長期金利に動意

2019年8月22日 19:19

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:19JST 欧州為替:ドル・円は日中安値を更新、米長期金利に動意

 欧州市場でドル・円は日中安値を更新し、一時106円25銭まで弱含んだ。米10年債利回りが1.57%から1.59%でやや動意づき、ドルは売り買いが交錯。一方、欧州株式市場は軟調、米株式先物はマイナス圏推移となり、ややドル売り・円買い方向に振れやすいようだ。


 欧州中央銀行(ECB)の7月理事会議事要旨公表を控えてユーロ売りがみられ、ユーロ・ドルは1.1072ドルまで下落し、ユーロ・円は117円73銭まで下落している。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円25銭から106円46銭、ユーロ・円は117円73銭から118円30銭、ユーロ・ドルは1.1072ドルから1.1113ドルで推移した。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース