欧州為替:ドル・円は日中安値を更新、米長期金利に動意

2019年8月22日 19:19

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:19JST 欧州為替:ドル・円は日中安値を更新、米長期金利に動意

 欧州市場でドル・円は日中安値を更新し、一時106円25銭まで弱含んだ。米10年債利回りが1.57%から1.59%でやや動意づき、ドルは売り買いが交錯。一方、欧州株式市場は軟調、米株式先物はマイナス圏推移となり、ややドル売り・円買い方向に振れやすいようだ。


 欧州中央銀行(ECB)の7月理事会議事要旨公表を控えてユーロ売りがみられ、ユーロ・ドルは1.1072ドルまで下落し、ユーロ・円は117円73銭まで下落している。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円25銭から106円46銭、ユーロ・円は117円73銭から118円30銭、ユーロ・ドルは1.1072ドルから1.1113ドルで推移した。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース