「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」三重県総合博物館で

2019年8月11日 23:31

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」が、2019年9月16日(月祝)まで、三重県総合博物館にて開催される。

 「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」では、高畑勲・宮崎駿から厚く信頼を寄せられた日本屈指のアニメーター・近藤喜文を特集する。

 アニメ制作の第一線で活躍するとともに、その丁寧で繊細な絵は、多くのアニメーターに影響を与えてきた。近藤喜文は、高畑勲が手掛けた『赤毛のアン』『火垂るの墓』など、日本のアニメーション史に残る名作において作画監督やキャラクターデザインを担当。1995年には『耳をすませば』で初めて長編アニメーション映画の監督を務めた。

 会場には、スタジオジブリの全面的な協力のもと、アニメーションの原画やイメージボード、スケッチなど、500点以上が集結。企画だけで成立しなかった作品のラフスケッチや、『魔女の宅急便』のイメージボード、『紅の豚』や『もののけ姫』などの原画、『耳をすませば』の絵コンテ、キャラクター設定、セル・背景原画など、作品の裏側を感じられる、貴重な資料を揃える。

 その他、原画をパラパラできる体験コーナーや、撮影コーナーなども設置される。

【開催概要】
この男がジブリを支えた。近藤喜文展
会期:2019年7月6日(土)~9月16日(月祝)
観覧時間:平日9:00~17:00、土日祝日9:00~19:00(ただし入場は閉場30分前まで)
休館日:毎週月曜日(9月16日は開館)
会場:三重県総合博物館(MieMu:みえむ)
住所:三重県津市一身田上津部田3060
観覧料:一般1,300円、大学生800円、小中高生500円、ペアチケット(2枚1組) 2,300円
※未就学児童は入場無料
※身体障がい者手帳等持参者とその付添1名は観覧料無料。
※各種割引の併用不可。

【問い合わせ先】
三重県総合博物館
TEL:059-228-2283

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード三重県スタジオジブリ宮崎駿魔女の宅急便高畑勲

広告

広告

写真で見るニュース

  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース