マイクロソフト、IoT経由で企業ネットワークへの侵入試みるロシアハッカー発見

2019年8月9日 08:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Microsoftのサイバーセキュリティ部門の1つであるMicrosoft Threat Intelligence Centerは、ロシア政府の支援を受けているとみられるハッカー集団が企業ネットワークへの侵入手段としてIoTデバイスを攻撃していると発表した。さらに価値が高い他の標的にアクセスするのが目的とみられる。

 これらの攻撃を実行した集団について、Microsoftは「Strontium」と呼んでいるが、一般には「APT28」や「Fancy Bear」という名称でも知られている。Microsoftは、同社スタッフが2019年4月、Strontiumが「複数の顧客の拠点において一般的なIoTデバイスへの侵入」を試みているのを発見したとしている。

 同社はこれらの攻撃を初期段階で見つけてブロックしたため、調査担当者らはStrontiumが侵入したネットワークから何を盗もうと試みたのかを特定できなかったという(Microsoft Threat Intelligence CenterArs TechnicaSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
ハッカーがロシア諜報機関の下請けに攻撃、盗聴向けの各種プロジェクトが暴かれる 2019年07月27日
Anonymous、ロシアの政治家などがやり取りしたメッセージなどのデータを公開 2019年01月31日
ロシア人ハッカー集団、米送電網への攻撃も 2018年08月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロシアMicrosoftIoT(Internet of Things)Intelハッカー

広告