ユナイテッドアローズから新レーベル「ロエフ」19年秋冬デビュー

2019年7月15日 17:16

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ユナイテッドアローズから、新レーベル「ロエフ(LOEFF)」がデビュー。2019年秋冬からウィメンズが、2020年春夏からメンズがそれぞれ展開予定。取り扱いは、2019年8月2日(金)より開始となる。

■“年齢を重ねても大切にしたい日常着”

 複数のラテン語を掛け合わせ、“年老いても美しく”という意味が込められた「ロエフ」は、『年齢を重ねても大切にしたい日常着』をコンセプトに掲げるブランド。歳を経ても“トラディショナルを素敵に着こなすこと”を日本の文化に浸透させたいという想いのもと、こだわりの素材やディテールを取り入れているのが特徴だ。

■ベーシック・マスキュリンをベースにしたウィメンズライン

 またディレクター兼デザイナーには、スティーブン アラン(Steven Alan)やエイチ ビューティ&ユース(H BEAUTY&YOUTH)でもデザイナーとして活躍する鈴木里香を起用。ウィメンズラインは、ベーシック・マスキュリンな装いだからこそ引き立てられる女性像を意識。2019年秋冬から展開されるファーストシーズンでは、ワークジャケットやユニフォームから着想を得たワードローブを用意する。

■各アイテムの中心価格帯

 中心価格帯は、シャツで23,000~31,000円(税込)、ニットで25,000~50,000円(税込)、アウターで60,000~120,000円(税込)を目安に設定している。

■全国で期間限定の販売会を実施

 デビューに先駆け、ローンチコレクションの販売会が8月1日(木)よりユナイテッドアローズ 原宿本店でスタート。その後、全国の店舗にて開催される。なお、原宿本店の販売会期間中に「ロエフ」のアイテムを購入すると、数量限定のノベルティがプレゼントされる。

【詳細】
ロエフ
展開開始日:2019年8月2日(金) ※ファーストシーズンは、ウィメンズ 2019年秋冬のみ。2020年春夏からメンズも展開。
店舗:ユナイテッドアローズ 原宿本店、ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店、ユナイテッドアローズ 有楽町店、ユナイテッドアローズ 横浜店、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店エイチ ビューティ&ユース、公式オンラインストア
※その他限定ストアや他社セレクトショップへの卸等での展開も予定。
※商品取り扱いの店舗は変更になる可能性有り

■販売会

・8月9日(金)~8月19日(月) ユナイテッドアローズ 有楽町店、六本木ヒルズ店
・8月23日(金)~9月2日(月) ユナイテッドアローズ 名古屋店、福岡店
・9月6日(金)~9月17日(火) ユナイテッドアローズ 二子玉川店
・9月13日(金)~9月23日(月) ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店

【問い合わせ先】
ユナイテッドアローズ お客様相談室
TEL:0120-011-031(フリーダイヤル)
※土曜、日曜、年末年始を除く10:00~17:30

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード六本木ヒルズユナイテッドアローズ

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース