3年にわたる地球外文明の探索、地球から160光年以内には痕跡無し

2019年6月25日 22:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 地球外の知的生命体活動の痕跡を調査する「Breakthrough Initiatives」では地球から160光年以内にある1327個の恒星を対象に電波望遠鏡で文明活動によって生じた痕跡(通信による電波など)を2016年から探し続けていたが、残念ながらそれらしき電波は観測されなかったようだ(soraeBreakthrough Initiativesの発表)。

 このプロジェクトは「Breakthrough Listen」と呼ばれており、2016年から10年間の観測が行われていた。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
NASA科学者曰く、「エイリアンはもう地球に来ているかもしれない」 2018年12月10日
アレシボ天文台、地球外生命体への新たなメッセージを作成する学生チームを募集 2018年11月21日
小惑星「オウムアムア」は地球外生命体の探査機という説 2018年11月10日
宇宙からの「謎の信号」の正体は人工衛星由来の信号である可能性が高いという結論に 2017年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電波望遠鏡