ライフ RSS

 

夏場での熱中症対策、お茶や水と塩飴では不十分

2019年6月21日 18:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 熱中症などが懸念される東京五輪のボランティアに向け、大会組織委員会はお茶や水などのペットボトルと塩アメを配布することを考えているそうだが、これに対し競技団体からはスポーツドリンクなどを用意すべきとの声が出ているという(朝日新聞)。

 ボクシングの代表者によると、汗で塩分が失われた状態で水を飲むと血中の塩分濃度が薄まり、さらに汗が出て塩分が失われる悪循環になるという。お茶についても利尿作用があるため良くないという。ほかの競技団体からも、今の暑さ対策ではまずいなどとの声が出ているようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ニュース | 医療 | スポーツ

 関連ストーリー:
2020年サマータイムに関する法案、正式に見送りに 2018年11月02日
21世紀後半には温暖化の影響で昼間に重労働ができなくなる可能性 2016年08月19日
日本の夏にエアコンは不可欠という話 2016年06月30日
五輪の暑さ対策、東京都が「かぶる傘」を試作 2019年05月28日
暑さ対策のための散水、路面温度は低下するが暑さ指数としては軽微な効果しか見られず 2018年10月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード熱中症

広告