英諜報機関による通信傍受案、AppleやGoogleなどIT大手が拒否する書簡公開

2019年6月5日 12:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 英政府通信本部(GCHQ)は各種メッセージングサービスで送受信されるメッセージを法執行機関などが閲覧可能にするシステムの導入を提案しているが、これに対しApple、Google、Microsoft、Facebook傘下のWhatsAppといったIT大手やセキュリティ専門家らが共同でこの提案を放棄することを求めた書簡を送付した(CNBCCNETITmediaSlashdot)。

 問題となっている提案は、ユーザーに見えない形で法執行機関などのユーザーをメッセージの送受信先に追加するというもの。書簡ではこういった行為がサービスプロバイダとユーザーの信頼を損なうほかセキュリティにも問題が出る可能性があるとして反対している。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | プライバシ

 関連ストーリー:
欧州議会の委員会、すべての電子通信にエンドツーエンドの暗号化を推奨 2017年06月22日
英政府、マンチェスターテロ事件をきっかけにインターネットへの検閲を強化する可能性 2017年05月30日
英国政府はアプリケーション開発者にバックドア実装を強制することはない 2015年11月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookGoogleAppleセキュリティMicrosoftWhatsApp

広告