トヨタ、新型「スープラ」発売 17年ぶりに復活

2019年5月18日 21:06

小

中

大

印刷

スープラ RZ(外板色マットストームグレーメタリック)<オプション装着車>(画像:トヨタ自動車発表資料より)

スープラ RZ(外板色マットストームグレーメタリック)<オプション装着車>(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • スープラ RZ(外板色マットストームグレーメタリック)<オプション装着車>
  • スープラ RZ(外板色マットストームグレーメタリック)<オプション装着車>
  • スープラ RZ インテリア
  • 3.0L B58 直列6気筒エンジン

 トヨタ自動車は17日、「スープラ」の新型を発売した。2002年に生産終了となったスポーツカーだが、フルモデルチェンジの上での再登場という形だ。

【こちらも】トヨタ・スープラとBMW・Z4生産は同工場 トヨタ生産方式を学ぶ?でも最速は譲らない

 初代スープラの登場は1978年。当初はラグジュアリーカーに位置付けられていたのだが、スポーツ路線にシフトするようになり、やがてはトヨタブランドのフラグシップクーペの座にまで上り詰めた。4代目スープラ(日本では2代目)は「ザ・スポーツオブトヨタ」のキャッチコピーを冠した。ただ、2002年の排ガス規制に引っ掛かり、販売終了となっていた。

 今回復活した5代目スープラは、 TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初の世界モデルと位置付けられ、「GRスープラ」として発売される。BMWとの共同開発によって生まれたモデルであり、生産はオーストリアの工場で行われる。

 スープラの名を受け継ぐ歴代の車が誕生以来そうであるように、いずれのグレードも直列6気筒エンジン、FR車。トランスミッションはいずれも8速スポーツAT。価格はいずれも消費税込みでSZが490万円、SZ-Rが590万円、RZが690万円である。

 なお外板色マットストームグレーメタリックのRZは、今年度生産分が24台であるが、その購入申し込みは、WEB限定で6月14日までの受付となっている。商談順は抽選となり、抽選結果の発表は、新型スープラが参戦する第47回ニュルブルクリンク24時間耐久レースの決勝当日、6月22~23日に行われる。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車BMWスープラ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース