BMWのニュース一覧

スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)

スズキ・スイフトスポーツの特質すべき点は、軽量であること。 09/21 21:50

トヨタ・RAV4(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

さらに、HVのパワーユニットを比較すると、意外にもハリアーの方が、モーター出力が大きくなっている。 08/26 08:24

RX-8ハイドロジェンRE(画像: マツダの発表資料より)

23年前、「地球温暖化防止京都会議 COP3)」で目にしたこのフレーズが、現実化されようとしている。 08/13 06:44

水素エンジンが急速に注目されている。EUは、現在BEV、PHEVへの移行を急いでいる。 08/10 06:49

ビー・エム・ダブリューは7月30日、オンライン上でBMWの車両購入までを行えるサービス「BMWオンライン・ストア」をオープンした。 08/01 13:40

BMW・M840i xDriveの特別モデル(画像:ビー・エム・ダブリュー発表資料より)

ビー・エム・ダブリューは22日、クーペモデルである8シリーズの特別限定モデル「Edition Golden Thunder(エディション ゴールデンサンダー)」を発表した。 07/26 08:45

このような改革を進める中で私の会社でも必要だったのが、「工程と工数」など「作業の見える化」だった。 07/22 07:37

日産・アリアの発表。(画像: 日産自動車の発表資料より)

日産・アリア、そしてテスラ・モデルY、アウディ e-tron、メルセデス・ベンツ EQC、ジャガー・ Iペース、フォルクスワーゲン ID.3、BMW i4、ポルシェ・タイカン、マツダMX-30、ホンダeなど、2021年からEVラッシュとなる。 07/21 11:35

日産「ノート」e-POWER MEDALIST (画像: 日産自動車の発表資料より)

10年程前、トヨタ、ホンダ、日産3社のハイブリッド車レベルに関する筆者の印象は、「ダントツ首位のトヨタ」、「周回遅れの2位ホンダ」、「2位の背中が次第に遠ざかる日産」だった。 07/09 06:59

(c) 123rf

そこで、現在の情勢を見てみると、ドイツのメーカーが先行していると見える。 07/06 12:05

トヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

コンパクトカーの売れ筋2台を比べて「どちらを買うべきか?」と悩むのは、なかなか贅沢なことだ。 06/23 12:27

『EVになれば部品は半減するため、パソコンのようにメガサプライヤーから買って来れば誰でも作れるようになる』と言われている。 06/15 06:21

BMWが採用したNVIDIAのIsaacSDKプラットフォームのイメージ。(NVIDIAの発表資料より

ドイツのBMWが、「第4次産業革命(インダストリー4.0)」の先頭を切ってAIを使い始めた。 06/12 19:41

TNGAのハイブリッドシステム。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

トヨタ・プリウスとトヨタ・RAV4、マツダ3とマツダ・CX-30、スバル・インプレッサとスバル・XV等々、同じメーカーなら、プラットフォームはほとんど共通と言うべき状態を目指している。 06/10 12:02

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告