Microsoft Azure、全世界的に一時サービス障害 DNSの設定変更に失敗

2019年5月14日 10:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoft AzureでDNSの設定ミスによるネットワーク障害が発生していたとのこと(PublickeyAzureの「状態の履歴」ページ)。

 障害が発生していたのは5月2日19時29分(UTC)から22時35分まで。Azureを利用しているサービスに加えて、Office 365などMicrosoftのクラウドサービスも利用できない状況になっていたという。

 この障害はDNSの設定関連の設定ミスが発端。Azureでは各ゾーンに4つのDNSサーバーを設置しているが、その1つのみに対しアップデートを行ったという。その際に設定ミスがあり、結果的に空のゾーンが生まれしまったためにDNSが不適切な応答を行うことになってしまったようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | ネットワーク | クラウド

 関連ストーリー:
NTT東エリアでぷららが一時接続障害、DNSトラブルが原因? 2018年05月07日
DNSSECの公開鍵更新でトラブルが発生する可能性、事前の検証を推奨 2017年07月26日
複数のISPにおいてDNSサーバー障害が発生 2014年06月02日
APNICのDNSサーバ障害で一部のDNS逆引きが使えなくなる 2005年10月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftOffice 365Azure