レクサス、「RC F」をマイナーチェンジ 軽量化など運動性能を向上

2019年5月13日 16:37

小

中

大

印刷

RC F “Performance package”(ホワイトノーヴァガラスフレーク)<オプション装着車>(画像:トヨタ自動車発表資料より)

RC F “Performance package”(ホワイトノーヴァガラスフレーク)<オプション装着車>(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • RC F “Performance package”(ホワイトノーヴァガラスフレーク)<オプション装着車>
  • RC F “Performance package”(ホワイトノーヴァガラスフレーク)<オプション装着車>
  • RC F “Performance package” インテリア(ブラック&ホワイト)
  • RC F “Performance package” インテリア(フレアレッド)
  • RC F(ヒートブルーコントラストレイヤリング)<オプション装着車>
  • カーボンフロントスポイラー
  • カーボン大型ロッカーフィン

 トヨタ自動車は13日、LEXUS(レクサス)のスポーツクーペ「RC F」をマイナーチェンジし、発売した。

【こちらも】レクサス・ブランドとして初の豪華ミニバン「LM300h」、上海モーターショーで発表

 レクサスRCは、2014年に登場した、SCのあとを受け継ぐクーペモデルである。そしてFは2007年のIS Fと並んで「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」という開発テーマのもとで生み出された、レクサスの高性能モデルラインナップの一角だ。今回のマイナーチェンジでは、軽量化や空力性能の向上など、全体的に運動性能を高め、運転の楽しさをより一層際立たせるようになっている。

 具体的には、運動性能向上のために従来に比べて20kgほど軽量化。タイヤは新開発しエンジンマウント・サスペンションメンバーブッシュ、ステアリングラックブッシュなどの剛性を高め、サーキット走行でも優れた操縦安定性を発揮する。

 エクステリアは「レース育ちのスタイリング」をコンセプトとし、レースで培われたデバイスや形状などを最大限に織り込んだデザインとなっている。

 また限界域での走りを極めたバージョンとして、“Performance package”が新登場。日本やアメリカでのレース参戦のノウハウを活かし、様々な専用装備によって軽量化を実現、より高い次元の運動性能を宇生み出し、「F」の決定版とも言うべきモデルに仕上げられている。

 価格はRC Fが1,021万909円(消費税込、以下同)、同じく“Carbon Exterior package”が1,099万6,364円、“Performance package”が1,404万円。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車レクサス(LEXUS)

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース