Microsoft、技術イベント「Build 2019」でさまざまな発表

2019年5月8日 09:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoftが技術イベント「Build 2019」にて、多数のWindows新機能や新開発ツールの情報を明らかにした。

 大きなものとしては下記が挙げられる。

 LinuxカーネルをベースとしたWindows Subsystem for Linux(WSL)2の発表技術解説Publickey)。 
 Windows 10向けの新たなターミナルエミュレータ「Windows Terminal」の発表Publickey)。 
 機械学習フレームワーク「ML.NET 1.0」のリリース  
 .NET 5の発表  
 Edgeブラウザの新機能としてInternet Explorer modeの搭載などを発表PublickeyITmedia)。 

スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | マイクロソフト

 関連ストーリー:
Microsoft、EdgeブラウザをChromiumベースにすることを発表 2018年12月07日
Windows 10のInsider Previewで標準コマンドラインツールにtarとcurlが追加される 2018年01月10日
Canonical、仮想化ではない「Ubuntu on Windows」を発表 2016年04月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10LinuxInternet Explorer

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース