交通事故で植物状態になった女性、27年ぶりに意識取り戻す UAEで

2019年4月27日 21:14

印刷

記事提供元:スラド

hylom 曰く、 1991年に交通事故で脳に損傷を負って昏睡状態になったアラブ首長国連邦の女性が、昨年27年ぶりに意識を取り戻したという(BBCニュースの記事The Nationalの記事)。

この女性は27年間昏睡状態で治療を受けていたが、2018年6月に突然意識を取り戻して息子の名前を呼んだ。現在は十分な意思疎通ができる状態にまで回復し、リハビリを受けているそうだ。こういった長期の昏睡状態から意識を取り戻す例は少なく、珍しい事例とのことだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 医療 | idle

 関連ストーリー:
イタリアの外科医曰く、頭部移植手術はゲームの宣伝とは無関係 2015年04月25日
事故で重体になったシューマッハ氏、事故時に装着していたアクションカムが怪我を悪化させた? 2014年10月15日
脳スキャンを使い、12 年間植物状態だった男性との対話に成功 2012年11月19日
植物状態の人と意思疎通、英研究チームが脳スキャンで 2010年02月10日
23年間昏睡していると言われていたが、実は「ずっと意識があった」男性 2009年11月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアラブ首長国連邦

関連記事