Windows 7など、月例パッチで起動不能に 一部ウイルス対策ソフトで

2019年4月19日 22:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Microsoftが配布した2019年4月のセキュリティ更新プログラムにより、Windows 7などのシステムが起動しなくなる問題が起きているようだ。

 この問題は、SophosやAvastなどのアンチウイルスソフトウェアを使用し、かつWindows 7など一部のWindowsを利用しているユーザ。その上で4月の月例更新プログラムをインストールした場合に起きる模様。Microsoft側も13日にこの問題を認めている。

 問題が発生する可能性があるのは、Windows 7/8.1およびWindows Server 2008 R2/2012/2012 R2で先のウイルス対策ソフトを導入しているユーザー。Microsoftは対策として、Windows 7と8.1のSophos、Aviraユーザー向けに、4月の更新プログラムを一時的にブロックする機能を実装したとしている(CNET Japan窓の杜)。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Windows

 関連ストーリー:
一部のセキュリティソフト体験版では試用期間終了後アンインストールしないとWindows標準のセキュリティ機能も使えなくなる 2019年02月27日
Windows版Firefox 65、セキュリティソフトウェアによる問題が発生して自動更新を一時中止 2019年02月02日
「ウイルスバスタークラウド」とFall Creators Updateの組み合わせでPCが正常に起動しなくなる問題が確認される 2017年10月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 7Avast

広告